有限会社金子材木店

有限会社金子材木店|山口県山口市にある1級建築士事務所です。

HOME»  家づくりのこだわり

家づくりのこだわり

材木店だからできること

「ほんものの木」と「ほんものの家」

私たち金子材木店はその名が表すように材木屋からのスタートでした。
だからこそ原木の買い付けから製材、乾燥まで自社で行い、材木にはこだわり続けています。
中でも乾燥は天然乾燥で、家となるその日まで何年も、時には何十年もじっくり寝かせています。

こうして仕上がった「ほんものの木」を使い、匠の技と木造軸組構法でその素材を活かし「ほんものの家」をつくっています。

 

「ほんものの木」と「ほんものの家」

 

木が活きる伝統工法

木造軸組構法は、日本で古くから発達してきた伝統工法を簡略化・発展させた構法で、"在来工法"とも呼ばれています。

家の主要な部分は、細長い形状の製材で構成されており、柱や梁の位置と長さを比較的自由に選べるので、他の工法に比べて自由度が高く、希望に添った間取りやデザインの住宅を建設することができます。

また、構造材の部分的な交換なども可能なため、傷んだ箇所の補修や、お客様の好みやライフスタイルの変化に対しても比較的低コストで、増改築やリフォームを行うことができます。

 

木が活きる伝統工法

 

「ほんものの家」をリーズナブルに

金子材木店は木のプロである以上、「木」を見る目は誰にも負けません。
特に山口の木に関しては、その特長を最大限に活かす方法を知り尽くしています。

こうした、材木に対する豊富な知識・経験と自社生産システムによるコスト削減、そして匠の技による伝統工法で、
お客様のあらゆるご要望に柔軟にお応えした「ほんものの家」をリーズナブルな価格でご提供しています。

 

「ほんものの家」をリーズナブルに

 

適材適所

「適した材木を適した箇所に使う」

豊富な森に恵まれた日本では、昔から様々な材木が家に使われていますが、それらは適切で理にかなった使い分けをされています。
例えば、土台には腐りにくく耐久性の高い檜、柱には木目が美しくやさしい肌合いの杉、また屋根や梁には強靭な松といった具合です。

こうした材木の使い分けを山口県の木々の性質や違いを考慮した上で行い、山口県ならではの「適材適所」の木の家づくりをいたします。

 

 

アカマツ

地松とも言われ、構造材として昔からよく使われてきました。
強度とねばりがあり乾燥による変形も少ないため、柱や桁・梁などに使用し、家を力強く支えます。

 

アカマツの構造材

アカマツの構造材

 

 

ヒノキの天井・壁

ヒノキの天井・壁

 

ヒノキ

加工性がよく、土台・柱などの構造材、天井・壁などの内装材など、家全般に良材として使われています。
水に強い性質や芳香性の良さから、浴槽や浴室にも適しています。

 

 

スギ

最も身近で手に入りやすい材木です。
汎用性が高く、屋根材・内装材・柱材・下地材など、あらゆる部位に使用されます。
木目が美しくやさしい肌合いから床材としても魅力的です。

 

スギの桁

スギの桁

 

 

ケヤキの柱

ケヤキの柱

 

ケヤキ

神社仏閣などの建築材として使われてきた格式の高い材木です。
高価ですが、木目が美しく、強度もあり、柱や床材、床の間材などに使用されます。
家具材としても人気です。

 

 

ナラ

広葉樹の代表格ともいうべき木です。
重厚で堅く、摩擦にも強く椅子や土足の生活の床材として適しています。
また、その木目の美しさから化粧合板の表面材としても使用されます。

 

ナラの床

ナラの床

 

 

サクラの床

サクラの床

 

サクラ

日本人に古くから愛される木です。
強度があり、加工性・着色性が共に優れ、磨くと光沢がでます。
木肌も美しく、床材や床の間材、鴨居、敷居などに使用されます。

 

木の家のいいところ

長い安心を住み継ぐ

木材は上手に扱えば数百年も長持ちする軽くて強い材料です。

強度重量比を比べても(図1)、鉄やコンクリートより圧倒的に強いといえます。また、同じ強度の家を違う材料で建てた場合、一番軽くできるのは木の家です。地震力は重さ(住宅の総重量)に比例して強くなるので、木の家は地震に強いといえます。

火災時においてもある程度の厚さや太さの木材は表面が焦げるだけで、内部までは燃えません。温度が上がっても強度がすぐに落ちないのも木の家の強みです。さらに、木の家は他構造に比べ維持管理がしやすいといった特徴があります。

家の寿命を長くし、強い家を建て替えることなく、次の世代が安心を住み継いでいくことができるのも木の家ならではです。

 

強度重量比の比較

 

人にやさしい・地球にやさしい

木材は、優れた調湿性(図2)・断熱性・有害物質の発散の抑制・紫外線吸収・音の吸収といった特徴から、人にやさしい室内環境をつくり出してくれます。さらに、木材は再使用・再利用はもちろん植樹する事で再生可能な資材です。廃棄する場合も土に戻す事ができる地球にやさしい素材ということができます。

木の家は人にも地球にもやさしい、温もりのあふれた家なのです。

 

住宅内の湿度変化

 

五感で感じる住まい

いい匂い・手触り・木目・風合いなど、五感で感じる満足度の高さも、木の家のいいところです。

毎日足の裏で床材の気持ちよさを感じる。ちょっと手をついた壁から温もりが伝わる。木の香りに包まれて身体を休める。そんな生活が意識せずに自然にできるという贅沢さが木の家にはあります。強度や耐性が優れているだけでなく、感覚や感性が満たされ人を自然体に生かしてくれる住まい、それが木の家です。

 

お問い合わせ

見積もり無料!家のことなら何でもお気軽にご相談下さい。